山城時計店
お問い合わせ
山城時計店
close
MENU
CONTACT US
ダイヤモンドの評価を決める4Cについて

ダイヤモンド選びに大切な4Cとは?

4C」とはダイヤモンドの品質を表現するためにつくられた基準のことです。
CARAT(重さ) COLOR(色) CLARITY(透明度) CUT(カット)からの4つの審査基準から成る頭文字の”C”を略称したものです。


ダイヤモンドの評価はこの4つのCで決められています。
この4つのバランスが優れているほど高く評価されます。

1.CARAT 1ct=0.2g
ダイヤモンドのカラット

カラット

カラット(ct)は重さの単位で重くなるほど稀少性は高くなり、カラット数が増すごとに値段も上がります。


4つの基準(4C)でダイヤモンドを評価する際、カラットに関してはその違いが見た目で最も分かりやすく、一般的に良く耳にする言葉だと思います。


重くなるほど稀少性は高くなり魅力的ですが、同じ大きさのダイヤモンドを2つ比べたとしてもその他の基準要素、カット、カラー、クラリティなどの品質の違いで輝きが違ってきます。それゆえ品質のバランスを考えて、カラット数を決める事をおすすめします。

2.COLOR 魅惑の無色透明
ダイヤモンドのカラー

カラー

一般的にダイヤモンドは無色透明だと想像される方が多いかもしれません。しかしながらダイヤモンドは自然界で形成されているため、無色透明なものから黄色味、茶色味を帯びたものまでありD~Zカラーまでの23段階で評価されます。


最高位のDカラーは無色透明で稀少性は非常に高く、婚約指輪で使用される理想のダイヤモンドと言えます。これらの色の違いはわずかな差しかなく評価が難しいため、4Cの基準の中でも特に専門的な鑑定眼が必要な分野となります。

3.CLARITY 透明度
ダイヤモンドの透明度

クラリティ

ダイヤモンドは地球が産んだ “奇跡” の結晶です。そのため形成過程でダイヤモンド内部にインクルージョンと呼ばれる内包物が含まれる事があり、その内包物の大きさ、位置、数の度合いを10倍の拡大鏡検査により総合的に判断し、11段階にてクラリティは評価されます。


クラリティの最高位のフローレス(FLAWLESS)を始めとし、肉眼で視認可能な(I3)まであります。

4.CUT 職人の技で決まる 永遠の輝き
ダイヤモンドのカット

カット

4Cの中で最も重要であり、唯一人の手が加わる工程です。
どんなに良い原石であっても、カットのクオリティが低ければ本来あるべき最大限の輝きを引き出す事は出来ません。最終的に輝きを左右するのは職人の技なのです。


カットは最高位のエクセレント(EXCELLENT)から(POOR)まで計5段階で評価されています。


店頭に並んでいる婚約指輪のラウンドブリリアントダイヤモンドは職人の手により、0.01mm以下の単位で58面体に精密にカットされています。


婚約指輪には極小な単位の誤差も許されない最高クラスのエクセレントカット使用を山城時計店の基準としております。

STORE INFORMATION

那覇メインプレイス店
西原シティ店
ハンビータウン店
具志川メインシティ店